ポケモンSM(S3シングル) 約レート2000パーティ構築解説 催眠ペルシアン

ゲーム「ポケットモンスター サン・ムーン」のレーティング対戦 シングルで、強いと言われる境界線、レート2000を達成……できませんでしたが、それに近いレート1992を達成しました。
# シーズン3の期間中、2017/5/2の戦績

f:id:kkeiru:20170518083303p:plain

 

パーティ構築について解説します。

f:id:kkeiru:20170515184631p:plain

 

↓レート1992達成時の動画  

 

 

↓レンタル使用可能なパーティとして、インターネット上で公開済み。
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-E3B8-4973

 

目次

 

1.基本戦略

ペルシアンパラセクトメタモン」を基本選出とします。

f:id:kkeiru:20170516193446g:plainf:id:kkeiru:20170516193419g:plainf:id:kkeiru:20170516193434g:plain

ペルシアンは早115族という早い種族で、大半のポケモンに対し、先行をとれます。
そのペルシアンが先行「キノコのほうし」をして、相手を一方的に眠らせ、完封します。

 

以下、ペルシアンで相手を眠らせる仕組みの解説。
※ 分かる人は、読み飛ばしていいです。

①素早さの高いペルシアンで、先行「ねこのて」を発動。

 # 「ねこのて」とは
  ・自分以外の『てもち』のポケモンの技の内、1つをランダムで使う技。
  ・一部の技は選ばれない。

②「ねこのて」で、パラセクトの「キノコのほうし」が100%選ばれ、発動されます。

 # パラセクトの技構成
  ・キノコのほうし
  ・カウンター → 「ねこのて」で選ばれない仕様
  ・しぜんのちから → 「ねこのて」で選ばれない仕様
  ・まもる → 「ねこのて」で選ばれない仕様

 # メタモンの技構成
  ・へんしん → 「ねこのて」で選ばれない仕様

 上記の技構成にする事で、「ねこのて」で「キノコのほうし」が100%選ばれます。

③「キノコのほうし」=命中100の催眠技、で相手を眠らせます。

既存の「レパルダスキノガッサメタモン」の並びを真似しました。

f:id:kkeiru:20170516193535g:plainf:id:kkeiru:20170516192450g:plainf:id:kkeiru:20170516193434g:plain
最大の違いは、「読まれ難い」事です。 
初見で見破られた事もたまにありましたが、勝てる相手には非常に楽に勝てます。

第7世代でラムのみ持ちが激減した事は追い風です。

 

一方、この「ペルシアンパラセクトメタモン」で勝てない相手もいます。
その場合、ウインディフシギバナガブリアスメタモンの4体から3体選出します。

 

<大まかなプレイング>

プレイの定石は、初手パラセクトで相手の動きを見て、後続ペルシアンの有利対面を作り、ペルシアンの苦手なポケモンが出る前に積み切る事です。

ただこれは、初手パラセクトに「みがわり」を合わせられて逆に詰む可能性と隣り合わせです。

パーティを見て、初手ペルシアンや初手メタモンから入る必要もあります。

 

2.戦略を通す上での障害

戦略を通す上で、障害となるポケモンが多くいます。
パーティ運用時は、それらに注意します。

障害に対する一番の攻略法は「ペルシアンを選出しない」事です。
その事を常に意識します。

 

<草タイプ>

草タイプのポケモンには、「キノコのほうし」が効かない仕様の為、障害となります。
使用率上位の草ポケモンは以下。

f:id:kkeiru:20170516192456g:plainf:id:kkeiru:20170516192450g:plainf:id:kkeiru:20170516192652g:plainf:id:kkeiru:20170516192536g:plainf:id:kkeiru:20170520170812g:plainf:id:kkeiru:20170520145938g:plainf:id:kkeiru:20170520151526g:plain

非選出率はそれなりで、ナットレイは高めです。

対策は、パラセクトの「しぜんのちから」「カウンター」やメタモンで削る事です。
が、逃げられたら終わりで、安定しません。

実戦では1度、「しぜんのちから」でナットレイにヤケドを引き、ペルシアンの「みがわり」が破壊されなくなり、起点にしました。

 

ジャローダのみ、ペルシアン単体で勝てる可能性があります。

ジャローダは「へびにらみ」から入る為、そこに「みがわり」を合わせます。
後は「わるだくみ」を1回積み、「リーフストーム」が外れるまで「みがわり」連打し、外れたら攻撃します。

外れなくても、「リフレクター」を挟んでくれる事もあります。

 

<みがわり貫通>

「みがわり」を貫通して攻撃されたり流される為、障害となります。
使用率上位は以下。

 f:id:kkeiru:20170520172444g:plainハイパーボイスf:id:kkeiru:20170516225519g:plainむしのさざめき
f:id:kkeiru:20170516224622g:plainうたかたのアリア

メガボーマンダはほぼ必ず選出されます。 
個体数も多いですが、ハイパーボイス搭載型は少ない印象です。

いずれも「みがわり」を貫通して、ペルシアンが殺されます。
対策は不可能です。

「キノコのほうし」自体は有効で、眠らせて最速起きしない事を祈って攻撃します。

うたかたのアリア」は1発耐える為、アシレーヌに押し勝てる可能性は少しあります。

 

f:id:kkeiru:20170516230836g:plainf:id:kkeiru:20170518074437g:plainf:id:kkeiru:20170516231358g:plain@ほえる

「ほえる」は「みがわり」を貫通し、ペルシアンを強制交換させます。
積みと「みがわり」も「わるだくみ」もリセットされます。

上記ポケモン単体は問題ないですが、裏のポケモンによっては厄介です。

対策は、積み過ぎない事です。

「わるだくみ」を1積みに抑え、速やかに倒しに行きます。
あくのはどう」の「ひるみ」狙いで「ほえる」を阻止する位の意識で攻撃します。

 

カバルドンエアームドペルシアン対面で、相手の初動は「ステルスロック」「あくび」「どくどく」辺りです。
「ほえる」は有り得ない為、「みがわり」を貼って、アドバンテージをとります。

「ねこのて」→「キノコのほうし」 から入る必要はありません。

 

ペルシアンより早い>

「みがわり」が無い状態で対面すると、致命傷を負う為、障害となります。
使用率上位は以下。

f:id:kkeiru:20170520172444g:plainf:id:kkeiru:20170521084810g:plainf:id:kkeiru:20170518082519g:plainf:id:kkeiru:20170520172947g:plainf:id:kkeiru:20170527174038g:plainf:id:kkeiru:20170521224253g:plain 

初手パラセクトを壁にしたいですが、相手から「みがわり」されると負けます。
メタモンのコピーも「みがわり」で無効化されます。

特にメガゲンガーメガボーマンダの「みがわり」採用率は高いです。

安定しませんが、初手メタモンから入り、ペルシアンの積む隙をなんとか見つけます。

 

f:id:kkeiru:20170521084907g:plain@しんくうは

「しんくうは」は先制技なので、 先に攻撃されます。
ペルシアンは「しんくうは」で乱数1発です。所持率は体感でやや低めです。

両刀の「ラスターカノン」持ちはいても、「しんくうは」持ちはそれより少ない印象です。

 

こだわりスカーフ持ち>

ペルシアンより早くなる為、障害となります。
とはいえ、技を拘っていて「みがわり」も打たれない為、気を付ければ楽に勝てます。

使用率上位は以下。

f:id:kkeiru:20170520180039g:plainf:id:kkeiru:20170520180253g:plainf:id:kkeiru:20170521075455g:plainf:id:kkeiru:20170521075743g:plainf:id:kkeiru:20170521075544g:plainf:id:kkeiru:20170516225519g:plainf:id:kkeiru:20170518082918g:plainf:id:kkeiru:20170520180315g:plainf:id:kkeiru:20170516232034g:plain

上記ポケモンは初手率がそれなりにある為、パラセクト初手で様子を見た方がいいです。

特にカプ・テテフ@スカーフは、ペルシアンの起点にしやすいです。
メインウェポンの1つサイキネが、ペルシアンに無効なので。

ただ、ウルガモス@スカーフで「むしのさざめき」搭載型だけは、どうやってもペルシアンで勝てません。

 

<眠り無効フィールド展開>

ポケモンが眠り無効となり、「キノコのほうし」を無力化される為、大きな障害です。
以下2体です。

f:id:kkeiru:20170518074239g:plainf:id:kkeiru:20170518074340g:plain

非選出率はそれなりにある為、見たらペルシアンを出さない方が無難です。

出す場合、パラセクトメタモンで頑張って倒しますが、逃げられたら終わりです。
実戦では、 パラセクトメタモンで頑張って倒した後、ペルシアンを通した事が数回ありました。

 

<その他>

f:id:kkeiru:20170516232034g:plainf:id:kkeiru:20170516231845g:plain@すりぬけf:id:kkeiru:20170521224621g:plain@マジックミラー

f:id:kkeiru:20170527173914g:plain@てんねん、ちょうはつ

使用率は高くないですが、見かけたら注意します。

実戦では1度、ナマコブシ@てんねん、ちょうはつに粘られて、「あくのはどう」のPPを切らされそうになりました。

 

3.勝ちやすい相手

上記2の障害ポケモンが少ない・いないパーティです。
それなりにあり、例えば、ポリクチ等のトリル軸、カバルカ等の積み構築です。

また、受けループの「グライオン」「ラッキー」「メガヤミラミ」に滅法強いです。 
レパルダスとの最大の違いと言えます。

 

f:id:kkeiru:20170518082536g:plain

特性ポイズンヒールとどくどくだまで、常時どく状態になります。
よって、ねこのてほうしが効きません。

ただ、とくぼうが並程度で、「わるだくみ」1積み「あくのはどう」で押し切れます。

「どくどく」を入れられると負けなので、「みがわり」で様子を見ます。

 

f:id:kkeiru:20170529073133g:plain

特性しぜんかいふくで、交代時に眠り状態を回復されます。

が、交代で1ターン稼げる為、対面では「キノコのほうし」が効く為、「わるだくみ」を積み切って、ひるみと眠りで押し切れます。

 

f:id:kkeiru:20170521224645g:plain

特性マジックミラーで、「キノコのほうし」を反射されます。
よって、ねこのてほうしが効きません。

が、そもそもメガヤミラミは、攻撃技が「イカサマ」位で、ペルシアンの「みがわり」を割れません。「みがわり」で完封できます。

「バークアウト」はとくこう1段階ダウンですが、「わるだくみ」のとくこう2段階アップで対応可能です。

型次第なので、「ナイトヘッド」などを覚えていれば、普通に負けます。

 

4.各ポケモン解説

f:id:kkeiru:20170521095308p:plain

「ねこのて」→「キノコのほうし」を打つパーティの軸です。

ペルシアンでなく、レパルダスも同様の技を習得可能です。
その上、特性いたずらごころで、補助技が先制技になる為、素早さ関係なく「キノコのほうし」を先制で打てて、非常に有用です。

それでも、この型のペルシアンを使う利点は十分あります。
・読まれ難い為、苦手なポケモンを選出され難い。
・先制技無効フィールドを展開する「カプ・テテフ」に勝てる。
・物理耐久力が高く、先制技に縛られ難い。

特性ファーコートとあくタイプを獲得し、 タイプ一致イカサマも打てる為、普通に使っても実戦級のポケモンになりました。

 

<ステータス>

種族値:H65 A60 B60 C75 D65 S115。
努力値:S252 H36@HPが16n+1になる調整 残りC(=220)
性格:おくびょう

余りをとくこうに振り切って、遂行速度を上げています。
「みがわり」と「キノコのほうし」を連打して、試合時間が長くなる為です。

また、上述したほぼ全ての障害ポケモンに対し、確定数が減ります。

 

<特性:ファーコート>

物理ダメージを半減する特性です。
無振りでもB実数値160に相当し、エアームドレベルの耐久力となります。レパルダスの2倍以上です。

ここまで耐久力があると、メガガルーラねこだまし親を「みがわり」が耐え、
メガメタグロスのバレットでやっと割れるレベルです。

先制技や連続技に縛られ難く、非常に動きやすいです。

 

<持ち物:たべのこし>

毎ターン、最大HPの16分の1回復します。

眠らせる行動と眠りでターンを稼げる為、実質的に回復量は2倍相当です。

このアイテムが無ければ、みがわりを貼れる回数が圧倒的に足りません。
ねこのてほうし戦術の必需品です。

 

<技:ねこのて>

自分以外の手持ちの技をランダムに繰り出します。

パラセクトメタモンとセットで選出し、「キノコのほうし」を出す為、必須です。

 

<技:みがわり>

ペルシアンは特殊耐久が低い為、その攻撃を受ける為に必須の技です。

 

<技:わるだくみ><技:あくのはどう

「いばる」「イカサマ」と異なり、自分を能力アップして攻撃します。
「キノコのほうし」が効かない相手とも戦えて、勝ち筋が広がります。

あくタイプ攻撃は一貫性が高く、無効がないのも大きな長所です。

 

f:id:kkeiru:20170521095419p:plain

ペルシアンの「ねこのて」で「キノコのほうし」を出せるようにする、パーティの軸です。

「キノコのほうし」を習得すれば、どのポケモンでも良いですが、最も読まれ難そうなパラセクトにしました。
気持ち程度ですが、初代統一ぎみに偽装できます。ガブリアス以外は全て初代なので。

 

単体での選出はありません。ペルシアンメタモンとセットです。

タスキがあるので1度くらいは単体選出すると思いましたが、無理でした。
セット選出しない相手が、草タイプとコケコレヒレで、パラセクトが不利をとる為です。

そもそもパラセクトが有利をとれる相手は、全ポケモン801匹中に存在するんでしょうか。

 

<特性:かんそうはだ> 

パラセクトの特性は以下3つ。

f:id:kkeiru:20170527165916p:plain

使う機会が無さそうな「しめりけ」を除くと、「ほうし」「かんそうはだ」の2択。

「ほうし」でマヒ、どくを引いたらねむり状態が入らなくなって、ペルシアンの起点を作れない為、消去法で「かんそうはだ」にしました。

かんそうはだ」が勝利に直結した事は無いです。

 

<ステータス>

種族値:H60 A95 B80 C60 D80 S30
努力値:H252 D252 B4
性格:おだやか

きあいのタスキ」で一発耐える為、耐久力を上げる意味は薄いです。
気持ち程度のタスキ隠しです。

タイプが弱すぎるだけで、耐久数値は許容範囲程度にあります。

最速にすれば、カバルドンマリルリに対し、上から「キノコのほうし」を打てます。

が、上から打って催眠ターンを消費させるより、下から打って催眠ターンを消費させずに、ペルシアンに交換した方がいいです。

 

<持ち物:きあいのタスキ
<技:キノコのほうし>技:カウンター>

この3つは相性がいいです。

ただ実戦では、下手にタスキカウンターで相手を倒すより、「キノコのほうし」でペルシアンの起点にしました。

弱点は「みがわり」で「キノコのほうし」を透かされる事です。
パラセクトがマイナーでも「キノコのほうし」は有名で、よく「みがわり」を飛ばされます。

 

技:しぜんのちから>技:まもる>

「しぜんのちから」は通常は「トライアタック」、
エレキフィールド下で「10まんボルト」、
ミストフィールドで「ムーンフォース」に変化します。

天敵のコケコ、レヒレは「しぜんのちから」とメタモンで全力で削り、ワンチャンスを掴みます。
そもそもペルシアンパラセクトメタモンを選出しない方がいいんですが。

「まもる」はトリックルームのターン稼ぎで一応役に立ちました。

 

f:id:kkeiru:20170521095250p:plain

ペルシアンの「ねこのて」で「キノコのほうし」を出せるようにする、パーティの軸です。

単体性能も非常に高く、積みエースをコピーして全抜きも可能です。
ペルシアンを選出しない時の裏選出①です。

ただ、イーブイバトンのエーフィは、コピーしても負けます。
コピーしたアシストパワーがバトン後エーフィに半分程度のダメージで、あさのひざしで粘られてこちらがPP切れする為です。

 

<ステータス>

種族値:H48
努力値:H252

めざめるパワー:でんき

でんきは意図したものではないですが、ゲッコウガ対面で1度使用しました。

 

<特性:かわりもの>

場に出た瞬間、相手のHP以外のステータスと特性と技をコピーします。

気を付けるのは、相手が「みがわり」を貼っていると発動しない事です。
パラセクトと弱点が被る為、「みがわり」が負けに直結します。

また、ミミッキュの特性ばけのかわはコピーできません。

 

<持ち物:こだわりスカーフ

早さ1.5倍になり同じ技しか出せなくなります。

メタモンのテンプレートです。
メタモンは相手をコピーする為、相手より早く行動できれば相手に勝ちやすいです。

 

<技:へんしん>

「ねこのて」で選ばれません。 特性かわりものがある為、使用しません。

 

f:id:kkeiru:20170521101810p:plain

ペルシアンを選出しない時の裏選出②です。

草タイプ全般とカプ・コケコ、カプ・レヒレに強く出られます。

ただメジャーな警戒対象すぎて、思った程活躍させる事ができませんでした。
素早さも高くない為、苦手なポケモンはとことん苦手で、何もできずに負けます。

 

 

<ステータス>

種族値
 メガシンカ前:H80 A82 B83 C100 D100 S80
 メガシンカ後:H80 A100 B123 C122 D120 S80
努力値:S196@最速テッカグヤ抜き 残りHとCに半々程度
性格:ひかえめ

フシギバナミラーを想定し、とくこうに多く振りました。
ミラーは1度も無かった為、耐久振りにするべきかもしれません。

 

<特性:メガ前 ようりょくそ>

晴れ下で素早さ2倍。

メガリザードンYの「ひでり」に乗れる可能性がある為、メガシンカするタイミングをちゃんと考えます。

 

<技:やどりぎのたね><技:まもる>

ナットレイテッカグヤが得意な強い戦法です。

フシギバナの「まもる」は読まれ難いです。1度見せたら、結局は択ゲーになりますが。
カイリューバシャーモミミッキュのZ技を透かせますが、
りゅうのまい」「つるぎのまい」を積まれたら負けで、運次第です。

ただ、勝てる可能性が残るのは良い事です。

 

<技:ヘドロばくだん

威力90、3割でどく状態にします。

メインウェポンですが、どく技は通りが悪く、交換読みも頻発し、使い勝手はよくなかったです。

フシギバナミラーでの最大火力ですが、ミラーは1度も無く、空振りでした。

 

<技:めざめるパワー 炎>

威力60。

フシギバナであらゆる草タイプに勝とうとしていた為、必要でした。

 

f:id:kkeiru:20170527105801p:plain

ペルシアンを選出しない時の裏選出③です。

シーズン2以降、ほのおタイプの中では圧倒的に採用率が低く、動きを読まれ難いです。
その為、期待通りかそれ以上の活躍を見せてくれました。

並以上の数値と特性いかくにより、高速アタッカーの一撃を耐え、返しのホノオZで確殺します。
↓主な高速アタッカー

f:id:kkeiru:20170518074239g:plainf:id:kkeiru:20170520180039g:plainf:id:kkeiru:20170520172947g:plainf:id:kkeiru:20170521084907g:plain

また、使用率高めのほのおタイプにも対面有利です。
↓有利なほのおタイプ
f:id:kkeiru:20170529195912g:plainf:id:kkeiru:20170521084810g:plainf:id:kkeiru:20170516225519g:plain

 

<ステータス>

種族値:H90 A110 B80 C100 D80 S95
努力値:S準速ミミッキュ抜き、A244、D4@ポリ2のダウンロード対策、残りH
性格:せっかち

・HP
実数値177です。
カプ・テテフ@スカーフのフィールド込サイキネを高乱数で1発耐え、使い易いです。

その為、とくぼうに下降補正をかけず、ぼうぎょに下降補正をかけました。
それでも、ランドロスガブリアスのじしんは、いかく込で1発耐える為、支障はありません。

・攻撃
攻撃種族値は、インフレ環境の今では足りず、全振りしてタイプ一致Zクリスタルを使って、ギリギリ実戦レベルです。

 

<特性:いかく>

場に出ると、相手の攻撃力を1段階下げます。

弱点を1発耐える為、対面性能が飛躍的に向上します。

 

<持ち物:ホノオZ>

フレアドライブが威力190に、おにびは攻撃1段階アップが追加効果として付与されます。

種族値的な火力不足を補います。

こだわりハチマキと違って、技固定がなく、後述の「しんそく」と併用可能です。
いのちのたまと違って、並程度ある耐久数値を犠牲にしません。

 

<技:フレアドライブ

威力120、命中100、デメリットが反動のみの優秀な物理技で、ほのお物理ポケモンの長所です。

ただ、ランドロス霊がだんだん増えてきていて、それに対しては特殊の「もえつきる」の方が有効です。

ただ、とくこう特化「もえつきる」ホノオZは、メガゲンガーカプ・テテフも乱数で倒せません。
何をより重く見るか、という話になります。

 

<技:おにび>

相手をヤケド状態(=攻撃力が半減)にします。命中85。

「いかく」で相手の攻撃を1発耐え、返しで打てば、不利対面を5分に持っていけます。
それ故に優秀な技ですが、命中85は外す為、これしかない状況以外では打たないようにします。

特に、今回のウインディは受け向きでもなく、積極的に使う必要もありません。

 

<技:しんそく

先制技、ノーマルタイプ、威力80の物理技です。
先制技にしては威力が高く、特定のポケモンしか覚えません。

ホノオZと合わせて、メガリザードンYバシャーモウルガモスの対面処理に必須です。

汎用性が高く、仮想敵以外の状況でよく使います。

 

<技:めざめるパワー 氷>

威力60の特殊技です。

ランドロス霊の増加に合わせて、ランドロスを対面処理する為に採用しました。
が、採用後、ランドロス霊とマッチングせず。

メガボーマンダを削る技としても考えていましたが、よくボーマンダに逃げられ、カプ・レヒレアシレーヌを受け出されました。

ウインディのめざ氷は有効な機会がありませんでした。
正確には、「フレアドライブ」「おにび」「しんそく」の3つが汎用性高く、4つ目の技を使う機会が滅多にありません。

 

f:id:kkeiru:20170521101834p:plain

ペルシアンを選出しない時の裏選出④です。

相手にボルトチェンジでサイクルを回させないよう、電気技無効ポケモンを採用しました。

ガブリアスが妥当かというと、より適切なポケモンがいるかもしれません。
好みで選んだだけなので、詰め切れなかった部分です。

レート上位陣はサイクル寄りなのか、電気無効枠としての採用率は ランドロス霊>>ガブリアス です。
第7世代でフェアリーが増殖し過ぎて、げきりんの通りが露骨に悪くなりました。

その割には、相変わらずの攻撃力と技範囲で、活躍をしてくれました。

 

<ステータス>

種族値:HP108 A130 B95 C80 D85 S102
努力値:A252 S252 B4
性格:ようき

 

<持ち物:こだわりハチマキ>

物理ダメージを1.5倍にし、同じ技しか出せなくなります。

想定されない為、本来の役割対象を粉砕する力があります。
例としては、後出しのナットレイポリゴン2クレセリアカプ・レヒレを確定2発~乱数2発で倒します。

受けループのグライオンポイズンヒール+まもる込みで確定2発な為、グライオンの後出しを許しません。

 

<技:じしん><技:げきりん

こだわりハチマキのガブリアスは、基本的にこの2つの技しか使いません。
威力も範囲もこの2つで十分です。

よって、他に採用する技は、ピンポイントな状況を想定したものがよいです。

 

<技:ほのおのキバ><技:アイアンヘッド

ミミッキュ対面で3割の勝ち筋を追う「アイアンヘッド」を採用しましたが、使う機会はなかったです。

「ほのおのキバ」はテッカグヤの有効打と考えていましたが、ハチマキでもダメージが全然出ませんでした。
ナットレイハッサム相手ならハチマキじしんで十分です。
今後は採用しないでしょう。

「ダブルチョップ」の方がまだ良かったです。耐久無振りの「カイリュー」「キノガッサ」を乱数1発で倒せます。

他の候補は、「どくづき」「アクアテール」です。

 

5.今後の展望

今回のパーティは、カプ・コケコ、カプ・レヒレを含むサイクルパーティが厳しかったです。
↓例

f:id:kkeiru:20170527203910g:plainf:id:kkeiru:20170527203948g:plainf:id:kkeiru:20170518074239g:plain

f:id:kkeiru:20170520172444g:plainf:id:kkeiru:20170516192456g:plainf:id:kkeiru:20170518074340g:plain

コケコレヒレ相手にペルシアンを出していっては、安定した勝率は望めません。
であれば、必然的に裏のポケモンを出す訳ですが、この辺に強くするのが良さそうです。

めざ炎ダスト両刀スカーフゲッコウガとか、フェアリーZめざ炎カプ・コケコとかでしょうか。想像なので見当外れかもしれません。
少なくとも、ガブリアスウインディではないでしょう。

また、今回のパーティの「ペルシアンパラセクトメタモン」は初見殺しでもあり、型バレすればより厳しくなります。 
その意味でも、裏のポケモンがより重要になります。

 

もしくは、ペルシアンパラセクトメタモン」の方をより巧妙に偽装してもいいかもしれません。
ねこのてマニューラ、きあいパンチみちづれメガゲンガー等もレパルガッサの亜種として有名です。

過去作限定のポケモンや教え技を一切採用していない為、カスタマイズは色々とできそうです。